お客様対応ソリューション

デジタルサイネージ導入の流れ

ヒヤリングにてお客様へのご要望をお聞きします。

お客様の環境に最適なサイネージシステムをご提案します。

ヒヤリングと分析により最適なサイネージシステムをご提案します。

デジタルサイネージの設置作業をいたします。

設置したその日からすぐ運用を開始していただけます。

もし不具合が発生した場合には適切に対応させていただきます。

サービス体制

センドバック方式 自然故障 1年間 無料修理

image ※離島や山間部の一部地域ではお受けできない場合もあります。

故障した場合は弊社までご連絡ください。

故障内容をご確認させていただき、修理となった場合、

機材の引取りは、郵送で指定場所に送って頂くか、ヤマト運輸が御社までお伺い致します。

 

【修理に掛かる日数】
故障の内容にもよりますが、故障発生から弊社への連絡から概ね10営業日掛かります。
また、簡単なパーツ交換で対応可能な場合は、回収より前に部品発送で対応する場合があります。

【事故判定の場合は、保険があっても送料負担】
リース付属の保険、購入時の任意保険共に、故障時の回収に掛かる「送料」は保険の対象ではありません。
工場で解析の結果、お客様の故障責任が明確な場合は(事故判定)、往復の送料が請求されます。

【工場送りに伴う修理費・送料の負担】
事故扱いの故障は、保険の有無に関わらず送料が発生します。
故障の状況・過失割合によりましては、対応が異なります。

 

デジタルサイネージシステム

文字や画像、動画などを多彩な表示装置に対応したコンテンツにすばやく変換し、短時間で配信・表示するシステムです。デジタルサイネージ(電子広告)として、様々な場面で幅広くご利用いただけます。

特別な知識がなくても、コンテンツの作成やコンテンツ表示時間のスケジュール管理が簡単に行えます。 店内、学校内、病院内での表示や映像情報提供など、様々な場面で幅広くご活用いただけます。 駅構内、高速道路サービスエリア、公共施設、ケーブルテレビ局などにも、利用可能です。

 

コンテンツ制作から配信、表示までの流れ

 

素材をお持ちのお役様→データ送付→データ確認・お打ち合わせ。素材をお持ちでないお客様→取材日程のご確認・調査→お客様へ取材

1. コンテンツ作成 ~テンプレートで簡単にコンテンツ作成~

コンテンツ作成には、用意されているテンプレートを利用して新規に作成する方法と、過去に作成したコンテンツを再利用する方法、また予め準備された静止画や動画、音声を取り込み、組み合わせて新たなコンテンツとする方法があります。 コンテンツ作成画面では、コンテンツ表示のスケジュールを指定することができます。指定した開始日になると、自動的にコンテンツが表示されます。

 

2. コンテンツ決裁 ~不備のあるコンテンツの掲載防止~

コンテンツの表示を、決められたコンテンツ管理者の決裁によって管理する仕組みです。不適切なコンテンツが表示されることを未然に防止します。

 

3. 番組ファイル編集

コンテンツを表示する順番の設定、表示期間の変更、緊急のコンテンツ削除を行います。番組ファイルの編集は、コンテンツ管理者が実施します。

 

4. 番組ファイル転送

「コンテンツ決裁」「番組ファイル編集」が完了したコンテンツを、表示用の装置に転送します。 これでコンテンツの準備は完了です。指定した開始時刻になると、自動的にコンテンツ表示が開始されます。 特別な知識がなくてもコンテンツ作成が可能なため、簡単にオリジナルの映像情報を配信することができます。店内で商品プロモーション映像情報を提供したり、取引先メーカーの広告映像を配信するなど、様々な場面で幅広くご活用いただけます。