image

活用事例ウィンドウ型

不動産

気軽に入店してくれる機会が増え、営業チャンス・成約率UPにつながります。

 

店外向けデジタルサイネージの場合

イチオシ物件をメインで流す

通常、不動産の店舗前には、扱い物件資料が所狭しと貼られています。

どの店に行っても、おおよそ同じです。デジタルサイネージなら、画像や動画を使って物件の外観や周辺環境も紹介でき、他店との差別化ができます。

何より、間取りだけでなく、実際の物件画像があればお客様がイメージがしやすく、魅力ある物件になります。

店舗前に、大型ディスプレイでアピールすれば、集客効果が上がります。

【イチオシ物件紹介】

敷礼なし、新築、掘り出し物件など、来店者への「ひき」となるイチ押し物件情報は効果大。

【各種キャンペーン情報】

手数料半額、引越し代割引など、キャンペーン情報も目立つことで集客に貢献する。

 

オーナー様の満足度アップに

店舗前のディスプレイで大きく扱えば、その物件は人目をひきます。

また、お客様の興味にも、つながるため、物件の成約率にも大きくかかわります。 特に、築年数だけで敬遠されるような物件には、リフォーム済のきれいな室内を画像で流すだけでも、かなり、お客様の印象が変わります。

このメリットを活かし、別途申込で店舗前ディスプレイで大きく扱うなど、家主様(オーナー)に対する新サービスとしての活用ができます。

通常の窓口案内や店舗前の貼り紙以外の手法として、ご提案とサービスの幅が広がります。

集客効果

image

 

店内の場合

おすすめ物件や人気物件の紹介

店内にデジタルサイネージを設置する場合、カテゴリー別おすすめ物件や人気物件ランキングなどのコンテンツが効果的です。

複数のディスプレイを設置し、それぞれ別々のコンテンツを流すのも有効です。 窓口で希望の物件を探してもらっている合間に、店内で流れる画像を見て「あの物件の情報は?」と顧客が切り出す可能性も広がります。

また、物件の画像や動画は、実際に物件を見に行く前の予備知識としても機能します。

 

更に顧客満足度の高いタッチパネル機能も(オプション)

店内サイネージにタッチパネル式ディスプレイを採用すれば、更に顧客満足の高いサービスを提供できます。

WEBサイトと連動させれば、窓口で対応しながら顧客と一緒にパネルを使って物件を探す、ということも可能です。

また、顧客が自分で物件を探せるスペースを設けておけば、気軽に入店してくれる機会が増え、営業チャンスも広がります。

店内イメージ。人気物件、オススメ物件、物件広告・CM。物件オーナー、デペロッパーからの出稿など、広告主を募集して新収益源に

効果予測
集客効果! 「イチオシ物件」目当てのお客様で成果率UP

お客様は物件を「探し」に来ます。決して「買い」に来るわけでないのです。理由は、「どんな物件があるかわからない」からです。例えば、店舗前に物件が貼り出してあっても、間取りだけでは本当に探しているものかどうかは、判別できません。

では、先に物件情報を画像や動画を含めて、お客様がよりイメージがしやすい情報として提供すればどうでしょうか? その物件が気にいったお客様は、「それ」を「買い」にやってきます。 このように、お客様が最初から特定の物件を指定して買いに来る、という効果的な仕組みをつくることが可能です。

 

広告収入効果 オーナー向けサービスが新収益に

店外向けデジタルサイネージでの「イチオシ扱い」を有料サービスとして提供

デジタルサイネージで流す物件情報は、棚で眠っている物件情報よりも顧客からの注目を浴びます。この、顧客の目に留まりやすいデジタルサイネージでの広告枠を、有料でオーナーに提供すれば新しいサービスとなります。 特に、急で契約したい場合や、築年数その他の問題でなかなか成約に至らない物件の場合、ディスプレイによるアピールは非常に効果的であり、オーナー側からのニーズも見込めます。

 

image

 

美容室・エステ

「オプション強化」 「物販強化」で、年間1100万円の売上アップ!

 

待合室でのデジタルサイネージの場合

待ち時間は、情報提供のチャンス

普通、受付後から呼出されるまでの間、お客様は雑誌などを読みながら自分の番を待ちます。この間、お客様は雑誌が読みたいわけではなく、単に手持ち無沙汰で雑誌に手を伸ばしているに過ぎません。

この状態をそのままにしておくのは、もったいない事です。顧客満足度アップの為にも、この間に情報を提供すれば、見られる可能性が高い上に、店をより深く知ってもらえる可能性があるからです。

 

丁寧な情報提供に顧客に安心感を

待ち時間を使って有効な情報提供することで、お客様に自店舗への理解と愛着を深めてもらうことができます。丁寧な情報提供を行なうことで、お客様はお店をよく知ることができ、結果として安心感につながります。

メニューリストの表示や、施術事例といったような一般的な情報に加えて、 スタッフ紹介や自社PRなど、独自色を全面に打ち出せる情報のアピールで他社と差別化をはかることも効果的です。

また、予定しているキャンペーンの広報によって次回来店を促したり、取扱商品のCMによる物販強化なども有効です。

店内に、メニューリストやスッタフ紹介を!

 

施術スペースの場合

悩みを突く内容で、自発的な追加オーダーを促す

施術スペースでは、オプションの追加オーダーを狙ったデジタルサイネージの活用が効果的です。「オプション追加」は単価アップの重要なポイントですが、施術を担当する技術者が営業するのは難度が高く、また、うまく提案しなければお客様の心象もよくありません。しかし、デジタルサイネージを活用すれば、お客様が自発的に追加オーダーしてくれる仕組みを作れます。例えば美容室の場合、頭皮や髪のパサつきの悩みを取り上げ、効果的なオプションを紹介する方法などが有効です。

 

会話のきっかけづくり、接客にも貢献

施術スペースでのデジタルサイネージの活用は、オプション強化だけでなく、接客にも効果を発揮します。

ディスプレイに表示されるコンテンツ内容にお客様が興味を持った様子があれば、それをきっかけとしてスムーズに会話をスタートできます。

コンテンツには、施術例や物販情報、美容健康情報なども配信することで、様々な接客の切り口が生まれます。

物販案内や、美容健康情報を掲示

効果予測

「オプション強化」 「物販強化」で、年間1100万円の売上アップ!

トリートメントの追加オーダーで842万円

<来店客の3割が追加すれば、年間842万円の売上アップ>

1日の来店数30人の美容室で、デジタルサイネージを使い、「オプションメニュー紹介」を行なう。来店客の30%が、オプションメニュー紹介の効果により、3000円のトリートメントを追加オーダーした場合

●1日: 30人×30%×3000円=2万7000円の売上げアップ

●年間: 2万7000円×26日(*1)×12ヶ月=842万4000円 の売上げアップ

→年間で約842万円の売上げアップ効果

*1 週一定休日(月曜)とし、月間26営業日として計算

 

物販強化で300万円以上の売上を狙う

<シャンプーやワックスが1日に3個売れたら、年間で327万円の売上アップ>

1日の来店数30人の美容室で、デジタルサイネージを使い、「物販商品の紹介」を行なう。物販商品紹介の効果により、3500円の取扱商品が1日3個売れるとした場合 

●1日: 3500円×3個=1万500円の売上げアップ

●年間: 1万500円×26日 ×12ヶ月=327万6000円の売上げアップ

→年間で約327万円の売上げアップ効果

 

 

飲食店

「フラッと入店」 「通りすがりに入店」で、年間2000万円の売上アップ!

 

店外向けデジタルサイネージの場合

看板としての利用は、大きな集客効果

デジタルサイネージの設置場所は、まず店外があります。

主な用途は、看板。 店舗の新規顧客の約5割は、「通りがかりに見つけて入店」しています。 この傾向は、飲食店の場合、特に顕著です。  

通りがかりの人が店に入るかどうか決める要因として、電子看板は非常に重要です。

 単純な値段表だけではなく、メニュー内容・店内の雰囲気を画像や動画を使って紹介することで、他店と差別化でき、集客力が大きく向上します。

 

目を引く看板だからこそ、目立ちます

似たような看板があふれる中、動画が流れ、音声も流れる看板は、確実に通行人の目をひきます。

 また、デジタル画像だからこそ、枠にとらわれない自由な表現が可能です。

 厨房の様子、湯気をたてる料理、店内の様子、個室の雰囲気、タイムセール情報、新聞掲載記事、雑誌掲載実績、素材、サービス、こだわりなど、魅力あるコンテンツを伝えることができます。

デジタルサイネージの特長がそのまま、大きな優位性になります。

 

 

 

 

店内の場合

人気ランキング、本日のおすすめで注文を誘う

店内に設置したデジタルサイネージは、料理の販促、アピールなどの客単価アップに役立ちます。

本日のおすすめ料理も、テーブル用のメニュー表に記載するだけでなく、デジタルサイネージで注目を集めることで、注文の量が大きく変わります。

部門別の人気ランキングなども、顧客の注文を誘う有効なコンテンツです。

 

飲料メーカーのCM利用も期待

店内のデジタルサイネージは、広告メディアとしても有効です。

チェーン展開など、店舗数が多ければ、それだけメディアとしての価値もあがります。

広告主として想定されるのは、主に飲料メーカーや食品メーカーなどですが、 店のメイン客層によっては、その他の様々な広告主にアプローチが可能です。

 

メニューリスト、店内設備の紹介、キュンペーン、タイムセール情報、本日のオススメ

 

人気ランキング、本日のオススメメニュー、
効果予測

年間2000万円の売上アップを実現

1日の来店客を10人増やす

<客単価4000円の場合、年間1200万円の売上アップ>

客単価が4000円の居酒屋で、デジタルサイネージを店外に設置し「集客アップ」を狙う。 店外サイネージの効果により、1日の来店数が3組3人~4人で10名増えた場合

●1日: 4000円×10人=4万円の売上げアップ

●年間: 4万円×26日(*1) ×12ヶ月=1248万円 の売上げアップ

→年間で約1200万円の売上げアップ効果

*1 月間26営業日(週一休)として計算

1組あたり1品の追加注文を狙う

<500円の追加注文を1日50組が注文したら、年間で780万円の売上アップ>

25テーブル、1日4回転する居酒屋(来店数100組)で、デジタルサイネージを店内に設置し「おすすめメニュー」をアピール。店内サイネージの効果により、半数の50組が500円の追加オーダーをした場合

●1日: 500円×50組=2万5000円の売上げアップ

●年間: 2万5000円×12ヶ月=780万円 の売上げアップ

→ 年間で約780万円の売上げアップ効果

 

 

スーパー

献立提案や食卓のイメージ効果で、3700万円の売上アップ!

 

商品棚・売り場の場合

思わず商品を手にとらせる効果

デジタルサイネージ設置場所として、商品棚と売り場は絶好のポジションです。

買物中のお客様が、興味のある商品情報を見た後、すぐにその商品を手に 取ることができます。

また、献立情報や産地情報は、その商品を手に取ってもらうための強力な きっかけになります。「何を買おうか」と思案中の買物客にとって、献立情報は 特定の商品を手に取るための大きな理由や動機になります。

 

産地情報や生産者情報で売上アップ

情報提供は、特に「普段使わない調味料」「やや単価が高めの肉・野菜」に効果的です。

「普段使わない調味料」でも、献立情報を切り口にすると、その調味料を買う理由ができ、売上アップにつながります。

 また、肉・野菜にしても、値段だけで判断されると、単価の高い商品は安い商品と比べて販売数が落ちます。しかし、産地情報や生産者情報で、その商品の「値段高くてもそれに代わるメリット」が買物客に伝わり、購入する明確な理由となります。

 「国内産」などといった文字だけでは伝わりにくい情報でも、デジタルサイネージを使えば、買物客に届けることが可能です。

献立情報、献立情報は造り方やしようする食材などが有効。産地情報、「商品へのこだわり」せ「生産者の顔」「安心。安全」に関するリアルな情報が有効。商品広告、買い物中に消費者にダイレクトにアプローチできるため高い効果が見込める。広告主を募集し、新収益源に。

レジ周辺の場合

買物客の待ち時間を有効に利用する

レジ前の待ち時間、会計中の待ち時間、袋詰めの時間は、顧客に情報提供を行なうチャンスです。 

手持無沙汰な待ち時間や単調な作業中、そこにディスプレイがあれば何となく目をやってしまうものです。

 レジ横の「ついで買い」狙いの商品棚も、デジタルサイネージを使うことで更に 目立たせ、効果を高めることが可能です。

 

次回来店の動機を生むチャンス

買い物を終えた顧客は、次に来店する日を具体的に決めていません。

通常は、「また来週になったら来ようかな」と考えているもので、「次は●月▲日に来よう」などと考えるケースは稀です。

しかし、デジタルサイネージを使い、「次回の特売日」や「月曜日限定!肉の安売り市」などの情報を提供することで、 顧客は、「次は、いつ来たらお得なのか」ということを知ることができます。

これにより、次の来店機会を明確な日付と動機を意識した上で記憶するので、来店の可能性がかなり高くなります。 

また、デジタルサイネージを使うことで、特売告知のポスターを紙で印刷する必要がなくなり、コスト削減にもつながります。

特売情報・スケジュール。ポイントなどサービス情報。次回の特売日。企業広告

店舗入り口周辺の場合

「本日の特売」で売り場へ誘導

入り口付近での、デジタルサイネージを用いた店舗案内は、非常に効果的です。  

単なる店内マップだけではなく、そこに「本日のお得情報」もセットで表示することで、更に効果は高まります。

 来店した顧客は、買物前に「どこにお得な商品があるか」を一目で理解できるようになり、顧客満足にもつながります。  

また、「今日は肉の特売日」などの店内アナウンスを何度も流す必要がなくなり、コスト削減にも効果的です。

 

誰もが目にするので広告価値が高い

店舗において、来店客が必ず訪れる場所は、入り口です。

このため、入り口付近は誰もが目にする可能性が高く、その分、広告価値も高く なります。  

上記で述べたように、入り口に店舗案内を表示することで、 「顧客満足を高めつつ 売り場への誘導を図る」、「チラシとの相乗効果を狙う」などの使い方以外にも、  

●「安心・安全へのこだわり」など自社の企業姿勢やPR

●食品メーカー、飲料メーカーによる新商品リリース情報(広告)

 などが効果的です。

本日のお得情報。売り場案内マップ
効果予測

年間数千万円の売上アップ

献立提案で2,000万円の売上アップ

<1回150円の追加購入で年間2000万円の売上アップ>

1日の来店数2000人のスーパーで、デジタルサイネージを使い、「献立情報とレシピ」を表示(*1)。

来店客の15%(*2)が、献立情報効果により、レシピで紹介した198円の食材を追加購入した場合

●1日: 2000人×15%×198円=5万9400円の売上げアップ

●月間: 5万9400円×30日(*3)=178万2000円の売上げアップ

●年間: 178万2000円×12ヶ月=2138万4000円 の売上げアップ

→年間で約2000万円の売上げアップ効果

*1 デジタルサイネージで表示する献立情報は日々更新し、毎日新しいレシピを紹介するものとする

*2 ウォルマートでは、店内設置のデジタルサイネージを見た顧客の15%が表示商品を購入するとの結果がある

*3 月間30営業日として計算(基本的に無休として計算)

 

地産情報で1,000万円の売上アップ

<1回100円の単価アップで年間1,000万円の売上アップ>

 1日の来店数2000人のスーパーで、デジタルサイネージを使い、「高単価の肉・野菜」の産地情報と生産者情報を表示。

来店客の15%が、産地情報効果により、肉・野菜のいずれかで普段より100円高い食材を購入した場合

●1日: 2000人×15%×100円=3万円の売上げアップ 

●月間: 3万円×30日=90万円の売上げアップ

●年間: 90万円×12ヶ月=1080万円 の売上げアップ

→年間で約1350万円の売上げアップ効果

 

ニッチ商品で700万円売上アップ

<「わが家の定番」を2品開拓すれば年間700万円の売上アップ>

 1日の来店数2000人、固定客4000人(*1)のスーパーで、デジタルサイネージを使い、ニッチ商品(*2)を使った献立を表示。

固定客の15%が、献立情報効果により、それまで買わなかった、単価498円の商品を月に2品購入するようになった場合

●月間: 4000人×15%×498円×2=59万7600円の売上げアップ

●年間: 59万7600円×12ヶ月=717万1200円の売上げアップ

→年間で約700万円の売上げアップ効果

*1 固定客が2日に1度来店するとした場合、1日の来店数2000人の店舗の固定客は約4000人

*2 一般的に常用しない調味料・野菜・肉・食品加工物など