不動産

待望の防水処理済み屋外対応タイプ!店外向けデジタルサイネージ!

気軽に入店してくれる機会が増え、営業チャンス・成約率UPにつながります。


従来の物件案内は、1物件ごとにカラー印刷し窓など利用して貼り替え・作り替えをする必要がありました。
また、従来の店頭看板では、表示面積が少ないので、1枚~数枚の物件情報やキャンペーン情報(静止画像)しか表示ができません、表示可能な情報は限られてしまいます。

デジタルサイネージを導入すれば、物件ごとのデータを作るだけOK!、無駄な印刷費用がかかりません。
<例  カラー印刷1枚当たり、複合機なら約30円~インクジェットプリンターなら80円>
また、リアルタイムに物件更新可能です。店頭では、画面切替で多数の情報を発信できます。
さらに、テレビCMの様な動画と音声を流せるので注目度大、地域や店舗に特化した情報発信が可能です。
通行しているお客様は、音声(BGM)で電子看板に目を向け、きれいな動画で目を引き付け、気に入った物件で店内に誘導されます。

 

イチオシ物件をメインで流す

集客効果通常、不動産の店舗前には、扱い物件資料が所狭しと貼られています。

どの店に行っても、おおよそ同じです。デジタルサイネージなら、画像や動画を使って物件の外観や周辺環境も紹介でき、他店との差別化ができます。

何より、間取りだけでなく、実際の物件画像があればお客様がイメージがしやすく、魅力ある物件になります。店舗前に、大型ディスプレイでアピールすれば、集客効果が上がります。

iamge

【イチオシ物件紹介】

敷礼なし、新築、掘り出し物件など、来店者への「ひき」となるイチ押し物件情報は効果大。

 

【各種キャンペーン情報】

手数料半額、引越し代割引など、キャンペーン情報も目立つことで集客に貢献する。

 

オーナー様の満足度アップに

 

image

店舗前のディスプレイで大きく扱えば、その物件は人目をひきます。

また、お客様の興味にも、つながるため、物件の成約率にも大きくかかわります。 特に、築年数だけで敬遠されるような物件には、リフォーム済のきれいな室内を画像で流すだけでも、かなり、お客様の印象が変わります。

このメリットを活かし、別途申込で店舗前ディスプレイで大きく扱うなど、家主様(オーナー)に対する新サービスとしての活用ができます。 通常の窓口案内や店舗前の貼り紙以外の手法として、ご提案とサービスの幅が広がります。

 

【物件広告・CM】

物件オーナー、デベロッパーからの出稿など、広告主を募集して新収益源などに・・・・・

 

効果予測
集客効果! 「イチオシ物件」目当てのお客様で成果率UP

お客様は物件を「探し」に来ます。決して「買い」に来るわけでないのです。理由は、「どんな物件があるかわからない」からです。例えば、店舗前に物件が貼り出してあっても、間取りだけでは本当に探しているものかどうかは、判別できません。

では、先に物件情報を画像や動画を含めて、お客様がよりイメージがしやすい情報として提供すればどうでしょうか? その物件が気にいったお客様は、「それ」を「買い」にやってきます。 このように、お客様が最初から特定の物件を指定して買いに来る、という効果的な仕組みをつくることが可能です。

 

広告収入効果 オーナー向けサービスが新収益に

店外向けデジタルサイネージでの「イチオシ扱い」を有料サービスとして提供

デジタルサイネージで流す物件情報は、棚で眠っている物件情報よりも顧客からの注目を浴びます。この、顧客の目に留まりやすいデジタルサイネージでの広告枠を、有料でオーナーに提供すれば新しいサービスとなります。 特に、急で契約したい場合や、築年数その他の問題でなかなか成約に至らない物件の場合、ディスプレイによるアピールは非常に効果的であり、オーナー側からのニーズも見込めます。

 

image

美容室・エステ

待望の防水処理済み屋外対応タイプ!店外向けデジタルサイネージ!

年間1100万円の売上アップ!

 

動画でのメニュー紹介、店舗案内で差別化

image美容室・エステ・マッサージは、競合が多いにも関わらず、どうしても入口に設置する看板が画一的になりがちです。

店舗前看板にデジタルサイネージを採用することで、大胆な他店との差別化を図れます。

特に、動画でのメニュー・店内の紹介などが効果的です。

キャンペーンや雑誌掲載実績などの情報を配信しておくことも、新規顧客に対して有効です。

 

店内がイメージできるとお客様が入店しやすい

誰でも、初めて行く店は不安になるものです。ネットやクーポンマガジンでお目当ての店を見つけても、実際行ってみたら外観が何となくイメージと違う気がする。そんな不安を覚えた顧客は、そのまま入店せずに帰ってしまうかもしれません。これは、店にとって大いなる損失です。一歩足を踏み入れてもらえたら、結果は違っていたかもしれないからです。このような場合、デジタルサイネージを使えば、よりリアルに店内のイメージを伝えることができます。新規顧客が入りやすい状況をつくれます。

 

メニューリスト。店内、設備の紹介

 

飲食店

待望の防水処理済み屋外対応タイプ!

店外向けデジタルサイネージ!

「フラッと入店」 「通りすがりに入店」で、年間1200万円の売上アップ!

 

看板としての利用は、大きな集客効果

デジタルサイネージの設置場所は、まず店外があります。主な用途は、看板。 店舗の新規顧客の約5割は、「通りがかりに見つけて入店」しています。 この傾向は、飲食店の場合、特に顕著です。  通りがかりの人が店に入るかどうか決める要因として、電子看板は非常に重要です。 単純な値段表だけではなく、メニュー内容・店内の雰囲気を画像や動画を使って紹介することで、他店と差別化でき、集客力が大きく向上します。

 

目を引く看板だからこそ、目立ちます

似たような看板があふれる中、動画が流れ、音声も流れる看板は、確実に通行人の目をひきます。  

また、デジタル画像だからこそ、枠にとらわれない自由な表現が可能です。  厨房の様子、湯気をたてる料理、店内の様子、個室の雰囲気、タイムセール情報、新聞掲載記事、雑誌掲載実績、素材、サービス、こだわりなど、魅力あるコンテンツを伝えることができます。

デジタルサイネージの特長がそのまま、大きな優位性になります。

image
効果予測

年間1,200万円の売上アップを実現

客単価4,000円の場合、年間1,200万円の売上アップ

<1日の来店客を10人増やす>

客単価が4000円の居酒屋で、デジタルサイネージを店外に設置し「集客アップ」を狙う。 店外サイネージの効果により、1日の来店数が3組3人~4人で10名増えた場合

●1日: 4000円×10人=4万円 の売上げアップ

●年間: 4万円×26日(*1) ×12ヶ月=1248万円 の売上げアップ

→年間で約1200万円の売上げアップ効果

*1 月間26営業日(週一休)として計算

スーパー

献立提案や食卓のイメージ効果で、3,000万円以上の売上アップ!

 

「本日の特売」で売り場へ誘導

入り口付近での、デジタルサイネージを用いた店舗案内は、非常に効果的です。  単なる店内マップだけではなく、そこに「本日のお得情報」もセットで表示することで、更に効果は高まります。

 来店した顧客は、買物前に「どこにお得な商品があるか」を一目で理解できるようになり、顧客満足にもつながります。  

また、「今日は肉の特売日」などの店内アナウンスを何度も流す必要がなくなり、コスト削減にも効果的です。

 

誰もが目にするので広告価値が高い

店舗において、来店客が必ず訪れる場所は、入り口です。

このため、入り口付近は誰もが目にする可能性が高く、その分、広告価値も高く なります。  

上記で述べたように、入り口に店舗案内を表示することで、 「顧客満足を高めつつ 売り場への誘導を図る」、「チラシとの相乗効果を狙う」などの使い方以外にも、

●「安心・安全へのこだわり」など自社の企業姿勢やPR

●食品メーカー、飲料メーカーによる新商品リリース情報(広告)  などが効果的です。

本日のお得情報。売り場案内マップ

本日
効果予測

年間数千万円の売上アップ

献立提案で2,025万円の売上アップ

<1回150円の追加購入で年間2000万円の売上アップ>

【効果予測1】

1日の来店数2500人のスーパーで、デジタルサイネージを使い、「献立情報とレシピ」を表示(*1)。

来店客の15%(*2)が、献立情報効果により、レシピで紹介した198円の食材を追加購入した場合、

●1日: 2500人×15%×150円=5万6250円 の売上げアップ

●年間: 5万6250円×30日(*3)×12ヶ月=2025万円 の売上げアップ

→年間で約2025万円の売上げアップ効果

*1 デジタルサイネージで表示する献立情報は日々更新し、毎日新しいレシピを紹介するものとします。

*2 ウォルマートでは、店内設置のデジタルサイネージを見た顧客の15%が表示商品を購入するとの結果がある

*3 月間30営業日として計算(基本的に無休として計算)

 

地産情報で1,350万円の売上アップ

<1回100円の単価アップで年間1,350万円の売上アップ>

【効果予測2】

1日の来店数2500人のスーパーで、デジタルサイネージを使い、「高単価の肉・野菜」の産地情報と生産者情報を表示。来店客の15%が、産地情報効果により、肉・野菜のいずれかで普段より100円高い食材を購入した場合、

●1日: 2500人×15%×100円=3万7500円 の売上げアップ 

●年間: 3万7500円×30日×12ヶ月=1350万円 の売上げアップ 

→年間で約1350万円の売上げアップ効果